医師の診断を受けている女性

男の目線から女性のデリケートゾーンに関してコメント

私は1982年生まれ 33歳の男、身長は172cmで体重は65kgです。
なので男の目線から女性のデリケートゾーンに関してコメントさせていただきたいと思います。

まず、女性を見て一番先に視線は顔に行きます、それからスタイルを見ます。
そのなかでいいなと思った女性に関しては仲良くなり、内面も知っていきます。
そこから彼氏彼女に発展すればいよいよ、お題にある通りデリケートゾーンの話になります。

夏場ですと、水着なのである程度のデリケートゾーン周辺に関して観察することはできますが、やはりその奥にある真実に到達することはできません。
海やプールに来る女性のなかで、デリケートゾーン周辺のケアをしていない人はまずいないと思いますし。

さて、本題のデリートゾーンの匂いに関しては、まず男女の関係にならないと真実はわかりません。
ここに到達するのは容易なことではありません。
がしかし、到達してしまえば、いよいよ未開に秘境、デリケートゾーンの匂いを嗅ぐことができます。

 

 

匂いは主に以下の3つに大別

これまで様々な女性と経験をもちましたが、匂いは主に以下の3つに大別されます。
①無臭 ②甘味臭 ③魚臭

私の好みはやはり①ですね。
なぜかというと匂いがするとなぜか萎えるという性質のためです。
ただし②に関してはまあまあ許せる範囲ですね。
ああ、女性のホルモンの匂いなんだと自分自身をごまかすことができるからです。
こういった匂いが好きな男の人もいるので、一概には言えませんが。

問題の匂い

そして問題の③です。
これが一番の問題です。
かなりきついです。
③の匂いがする女性とは付き合うことはできても結婚はできません。
私の場合、なぜそういう理由になるかというと、これは遺伝なのではと思う節があるためです。
なので、もし結婚して、生まれてきたのが娘だった場合、③が継承されてしまうということが高確率で起こり得るためです。
なので、私は断固拒否です。

ここまでかなり③の匂いについて拒絶反応を繰り返す文章を記載してきましたが、なんとか匂いを断ち、①や②になることはできないものか?という疑問がわくと思います。
また、その女性自身は③の匂いに気が付いていないのだろうかという疑問も湧いてきます。

男性から匂いの指摘はできない

まず、男性自身から匂いの指摘はできません。
行為の最中に臭いなんて言えるわけがありません。
では女性自身デリケートゾーンの匂いがわからないのか?という疑問について、自分の指を突っ込んで嗅いでみるという行為を試さないのかという疑問が新たに湧きます。
男の場合はパンツを嗅げばだいたいわかるので風呂に入って綺麗に洗って、仮性の場合には綺麗に向いて洗えば匂いなど皆無になります。

美容整形外科をおすすめ

ただ、女性の場合は内部の液体が影響しているのでしょう。
どれだけ風呂で綺麗にしようとも、体液がでてきてしまえば匂うひとは匂ってしまいます。
これは、市販の石鹸や薬でどうなるものでもないと考えています。

なので私は③の匂いがする人には病院に行って専門の治療を受けることをおすすめします。
では何科なのか、腋臭などと同じ性質だと思いますので、美容整形外科をおすすめします。

 

 

女性自身に気付かせたいが…

ここまでデリケートゾーンの匂いに関してかなり私の独断と偏見に満ちた文書をお送りしました。
なぜなら、それはとても大事なことだからです。
自分のパートナーの欠点をなくしてあげたいと思うのは自然なことではないかとも思っています。

一番重要なことは、まず、どんな匂いなのか女性自身に気付かせることなのではないかと思います。
表面上は綺麗でも、デリケートゾーンの中身まで気にしている女性はいったいどれだけいることでしょうか。
私はおそらくごく少数ではないかと思います。
なので、まず気づかせてあげてください。
腋臭の人に面と向かって臭いなんていえないのと一緒でとても難儀ですが。