うちわ

私は自分の体臭がきつい方です

皆さん女性に対しての”においのイメージ”ってどんなものでしょうか。
私の完全な偏見ですが、たいていの女性は無臭~シャンプーなどの香りという理想があります。
・・・そんな理想を抱いている私は20代女性ではあるものの、体臭はどちらかといえばきっと臭い方だと思います。

別に直接的に他人に「あなた臭いよ!」という指摘を受けたことはありません。
というか、そんな指摘なかなかほかの人にできないですよね。
ですが私は自分の体臭がきつい方だという自負があります。
なぜこんなに自信をもって言い切れるのかというと、自分自身でさえ私の体臭を臭いと思うのに、他人がにおいを感じていないわけがない!という自論に基づくものなのです。

原因の一つは、汗をかきやすいこと

私が体臭を放っているポイントは①脇(特に右脇)②首筋から肩にかけて③足であると自分では思っています。

私は元が汗かきなのですが、汗をかいてくると必然的に体臭というのはきつくなるものでしょう?
そう、原因の一つに当たるであろうのは汗をかきやすい、ということです。

洋服の右の脇は、複雑な異臭

脇はなぜか左右でにおいの出方が違うのです。
汚いお話になりますが、やはり自分の体臭ってやっぱり気になってしまうものだと思います。
なので仕事終わりに制服から私服に着替えるのですが、その際にその日、一日中仕事で着用していた制服の脇を嗅いでみたことがあったのですが・・・
これは後悔するレベルでした。

左の脇の部分はそんなににおいを感じることはありませんでした、が!右の脇は酸っぱいような香ばしいような複雑な異臭が割ときつめに感じられてしまったのです・・・!

嗅がなければ(知らなければ)こんなにショックを受けることはなかったでしょうが知ってしまってからというものやはり職場の仲間たちに申し訳ない気持ちになりました。
「こんな異臭を放つやつが同僚なんて・・・」と裏では話題になっているのかもしれないと悲観的になったりもしました。

シーブリーズなどの制汗剤などを使うこともありましたが、においににおいを重ねる形になってしまうことで悪化してしまうことが多かったことと、私はなぜか刺激を受けさせた部分がものすごく汗をかく体質であり、制汗剤を使うことでいつもよりも汗をかいてしまい、制汗剤を使っている意味がないということがあったのでやめました。

夏も冬も大変

夏はもちろん汗がすごいのですが、冬も冬で大変なのです。
冬は長そでを着たり、重ね着をしたりすることにより、風の通りが制限されるわけです。風が抜けないということは、それらを着用している間はいいのですが、着替えたりする=風を通す時が来たら今まで服の中で抑えられていた悪臭たちが解き放たれてしまうのです!!

その時の周りへのにおいの広がり方といったら・・・!
ロッカールームにはファブリーズとうちわがないとこの香りをごまかすことはできません。(ちなみにごまかし方は、まずは手早く服を着替えてにおいのもとを封じ込めてから、うちわでにおいを広げてできる限り薄くします。薄くなってくれたところでファブリーズで上から香りをつけることによって多少だまされてくれてるような気がします。)

 

 

こんな至近距離で、他人はにおいを嗅がないので…

ただこれだけ長々と、職場の人に申し訳ない。悪臭を明らかにはなっている自信がある!と述べてきたわけですが、時折考える現実逃避もあります。
それは「自分は最寄りで嗅いでいるから臭いのではないか。こんな至近距離で私のにおいをかぐやつは私以外にはいない。つまりこのにおいは私だけが感じているものなのではないか!?」というものです。

なんでこんな考えが浮かんだかというと、他の職場の人から悪臭を感じたことがないんですよね。
女性も男性も関係なく。
・・・だからやっぱり私のにおいっていうのも私個人が一人で感じているだけなのではないか?と思ったわけです。

だって職場の人間関係でとてつもなく至近距離まで寄り添うという機会ってないじゃないですか!
・・・という申し訳なさと慢心的な思考を行き来しつつ、日々試行錯誤をして体臭に対して頭を悩ませています。

・・・私はどれくらい周りに影響を与えるにおいを発しているんだ!?
気になるけれど確認する勇気はない・・・。