香水

匂いを気にする体の部位は、人によって様々

これからの季節非常に匂いが気になる季節になると思います。
着る服も薄い物が多くなり肌の露出も増え、夏の暑さと独特の湿気も手伝って汗をかき易くなり体臭も非常に気になってくる頃と思います。

デリケートゾーン等いわゆる匂いがきつくなる体の部位というのは、人によって気にする部位というのは様々だと思います。
更に匂いも人によって異なり、酸っぱい匂いから嗅いだ事ない匂いもありそれもまた人様々だと思います。

 

 

人から感じる匂いと自分が感じる匂いには差異が生じる

私の場合は脇の匂いが非常に気になるデリケートゾーンです。

やはりこのぐらいの季節からは特に気にするようにしており、スプレータイプのものから肌に直接塗布するタイプのものから香水まで、あの手この手で匂いをごまかす事に奔走します。
もちろんそれ以外にもこまめにシャワーを浴びたりして、よくドラッグストアで売られているような『男性の匂いに効ききます』の唄い文句を掲げるボディソープに頼る事もしばしばあります。

しかし、このような手段を使っても尚自分の匂いが気になるという心配はつきません。

なぜなら人から感じる匂いと自分が感じる匂いには差異が生じるという事です。
いくら自分がケアをして、これぐらいの匂いなら大丈夫だろというラインに達していても他の人からすれば変な匂いがすると感じられている可能性があるからである。
人によって匂いの感じ方は様々であると思います。
人によって好きな匂いや嫌いな匂いは様々だからです。

香水が体臭とあいまってさらなる異臭へと変わる場合も

私も、電車に乗った時などに経験した事がありますが明らかに体臭が臭いのであるのをごまかすために香水を大量に体に吹きかける人を見かけた事があります。
確かに香水自体はいい匂いではあるのでしょうが、その人の体臭とあいまってさらなる異臭へと変わってしまっていたのです。
電車の中が異臭に包まれた時は、うわっという気持ちになると同時にもしかしたら自分も周りからみたらこんな感情を抱かれているかもしれないと思い微妙な気持ちになりました。
これがいわゆる人が感じる匂いと自分が感じる匂いの差異の怖い部分だと思います。

いくら自分で納得いくような匂いの状態にしたとしても、果たしてそれがいい結果を招くかというと必ずしもそうではないからです。

 

 

脇のにおいにコンプレックス

私の気にしている脇という部分は、匂いとしては多くの人がコンプレックスを抱いている部位だと思います。
いわゆる、ワキガというものだと思います。
ワキガには、レーザー等による施術で解消する事ができるという事はよく聞きます。
ただ施術という部分で若干の抵抗があるのと、費用の問題でどうしても躊躇してしまう部分があるのです。

私の脇の匂いは常に異臭を放つのではなく、脇の毛が伸びたり汗をかく等が原因で異臭が出るという事が多いのです。
普段はワキ毛が伸びたりしてきたら、ワキ毛を切ったりして匂いを抑制するように心がけていますが、仕事が忙しくなったりすると切り忘れたりする事があって気付いた時には匂いを放ち、周りの目を気にしないといけなくなる事がよくあります。
特に私は営業の仕事をしており、匂いというのは相手方の印象に強く影響するので非常に困ります。

また、異性等との交流等も体臭が臭いという理由でどうしても積極的になれないという部分もあります。
異性に臭い等の罵声を浴びせられようものなら、打たれ弱い私はさらに億劫になると思います。
施術等をして匂いを断ち切りたいとも思うのですが、仕事が忙しい、費用の工面をする余裕がないなどなかなか踏み切れないというジレンマもあります。
いつかはしないといけないと思っていますが、ずるずるいってしまうそんな状態が続いています。

市販グッズでにおいの応急処置

今は、市販で売られているような応急処置で匂いをごまかしているつもりですが果たして正しいのか間違っているのか、願わくば手軽にデリケートゾーンの匂いを取り除くような塗布剤等がお店で買えるようになるといいと思ったりします。
みなさんも、自分の感じる匂いと他の人が感じる匂いの差異には充分きをつけて生活するようにしてみてください。

あの人臭いねとかいってるそばで他の人からみたらあなたの匂いは臭いと思われたりしてるかもしれませんからね。