冬物のワンピース

常に人よりも多く汗をかいています

私は、汗っかきです。
暑い季節はもちろん大量に汗をかいてしまいますが、涼しい季節や、寒い季節でも、常に人よりも多く汗をかいています。
その為、体中の汗のにおいについて敏感になっていて、いつも気にしています。

私のように、汗を大量にかいてしまう人間は、生活する上でいくつか困ることが出てしまっています。

 

 

衣類に汗のシミや臭いにおい

一つ目として、比較的、涼しい時期においても汗をかいてしまうので、ウールなど、ドライクリーニングをしないといけない衣類に汗のシミや、えりあしに、汗臭いにおいが付いてしまうことです。

冬服は頻繁にクリーニングに出すことができないので、においがつかないように気をつけなくてはいけなくなりました。

インナーや汗脇パットで対策

具体的にしていることは、汗を吸い取る肌着を着て、衣類に直接肌が付かないようにしていることです。
ワンピースを着用するときは、インナーに、ユニクロのヒートテックタートルネックを着用して汗が衣類に付かないように工夫しています。
それができないときは、脇汗パットを使ったり、におい対策としてファブリーズを吹き付けるなどして対応しています。

 

 

靴に足汗の蒸れたにおい

二つ目は、靴にも足汗の蒸れたにおいがついてしまい、困ることが沢山あります。
汗をかく季節になると、ヒールの中敷きが汗でぬれてしまい、驚くことに、中敷きに、足の五本指の跡がくっきりと残ることがあります。
これは、外食などで靴を脱いだ時に見るととても恥ずかしい思いをします。

さらに残念なことに、汗を沢山かいた日は、靴を脱いだ時に、靴と足裏から強烈な銀杏の実のにおいがすることがあります。
人前で靴を脱ぐのが恥ずかしいと思うことが多々あり、このままでは、自他ともに迷惑なので、対策をしなくてはと考えました。

中敷きの交換や靴を休ませること

対策として、中敷きは、においが気になりはじめたらすぐに交換をしました。
いつも同じ靴を履きまわしていると、においがきつくなることがわかったので、一週間のうち、できるだけ毎日履く靴を変えることにしました。
お休みしている靴には、良い香りのする消臭剤を吹き付けたり、においをとる置き型の炭の消臭剤を使いました。

この方法を使うことによってだいぶにおいは和らぎましたが、においのもとは自分の足裏からなので、これもにおいがしないように対処しました。
とても汗をかいている時は、足裏を外出先でも頻繁に拭くことにしました。
汗をかいたままほっておくとにおいがきつくなってくるので、この方法を試したら、においも少なくなってきました。

 

 

口のにおい

三つ目は、口のにおいです。
口臭は、食べたものによって変わってきますが、年齢に伴い、口臭がきつくなったことを感じることがあります。
朝起きた時に顕著に感じるのですが、寝ている間は唾液の分泌が少なくなるので、特に口の中のにおいが臭いです。

念入りにブラッシングや舌の垢をおとす

朝起きたら一番に、歯ブラシを持って念入りにブラッシングをして取り去ります。
歯ブラシだけではなく、デンタルフロスも使って歯の間のプラークをきちんと落とすようにしています。

舌にもにおいが付いていて気になるので、軽く歯ブラシでブラッシングをして、舌の垢をおとしています。
特に、日中でも唾液が少なくなると口臭が強くなってしまうので、口の中を潤すために、こまめに水分を補給してにおいが強くならないように工夫しています。
人と会うときは、事前に歯ブラシ、舌のブラッシング、それから、においのある食べ物を直前に食べないようにして会うことにしています。

 

 

髪の毛のにおい

四つ目は、髪の毛のにおいです。
私は特に頭皮に沢山汗をかいてしまいます。
外出先で拭くことができても、洗うことはできないので、当然時間が経つと汗臭いにおいがしてしまいます。

この対策としては、毎日使うシャンプーとリンスを香りが良いものを選んで使用しています。
パンテーンの商品は香りが良くて、汗臭いにおいを抑えてくれるので重宝しています。