悲しそうな制服の女子生徒

自分のニオイ

私は35歳の主婦です。
中学生ぐらいから自分の匂いが気になるようになりました。

私が自分の体臭に気がついたのは中3の冬でした。
パジャマから私服に着替える時に、酸っぱいような、学校の換気の悪い教室のようなカビ臭い匂いを感じてしまいました。
でも、それはお気に入りのスウェットを着ていて汗もかいてないし、まいっか、と2日続けて着たせいだと思っていました。
でも、やっぱり気になって、それからは絶対汗をかいていなくても1日で着替えるようにしていました。

ブレザーについていたニオイ

高校に入学してしばらく経った頃、仲良しのグループもできて、ふざけて肩を組んだりハグしたりするようになりました。
私は自分からはハグしたりしませんでしたが、スキンシップ大好きの女の子が居て、その子は色んな友達にすぐハグしていました。

ところがある日、いつものようにその子が私にハグしてきたのですが、笑顔だったのが抱きついた瞬間、顔が変わって硬い笑顔のまま離れていきました。
その時にハッとしました。
トイレに行って自分の着ていたブレザーを脱いで嗅いでみると、またあの時と同じ匂いがしました。
あの子は、私が臭いと思ったに違いないと思いました。
勇気がなくて実際には聞いて確かめませんでしたが、気まずくなったので違うグループの子と仲良くするようにしました。
それ以来、匂いには敏感になりました。

ですがシャツは毎日着替えていてもブレザーは週末にしか洗えません。
当時は、今みたいな色んな香りのついた柔軟剤は一般的では無かったし、うちの親も普段使いはしていませんでした。
だから、金曜あたりは自分の匂いが気になって色んな香りでごまかそうとしました。
あまり香りがきついと担任のおばさん先生に嫌味を言わてるので少しだけ手首にコロンをつけたり、朝シャンしてトリートメントをあまり流さずに乾かしておいたりしました。

制汗スプレーの存在

当時はネットもなくて情報はテレビか雑誌しかなくて、雑誌を読んでいるイケてる女子が体育の授業の後にスプレーをしているのを見て制汗スプレーの存在を知りました。
それからは制汗スプレーを持ち歩くようになりました。

制汗スプレーも色んな使い方があるようで、女子校だったこともあり、一人のクラスメイトがスカートの中にスプレーを吹きかけていました。
それを見てびっくりしたのですが、「生理中で臭いから」とあっけらかんと言うのです。
私も初潮を迎えてからだんだん生理も重くなってきていたし、匂いも気にしていました。
トイレに入った時の生理中の匂いは気づいていましたが、もしかしたら周りの人は匂いに気づかれているのかもしれないと思いました。
それからは生理中の匂い対策も必要になりました。

 

 

生理中のニオイ対策

制汗スプレーは、つけてしばらくはレモンのような爽やかな香りがしますが、時間が経つと香りが消えてしまいます。
それに制汗スプレーの香りがだんだん子どもっぽく思えてきて大学生になると使うのが恥ずかしくなってやめました。
当時、流行っている香水もありましたが、買うお金もなく、色んな香りが楽しめるファブリーズを自分にふりかけるという荒技を使っていました。

生理中の匂い対策は、ナプキンをまめに変えたり、1,2日目はタンポンを使って経血の匂いが漏れないようにしました。
ですが、私が初めて付き合った人は、今で言う少しチャラい人で、男性経験がない女の子は臭い、という衝撃的な発言を聞かされてから、ますますシモの匂いに敏感になりました。
でも、専用の匂い消しはありませんから、初体験の前は本当に気になって気になって、デートの日はトイレの度にウオシュレットの水で洗って拭いてを繰り返していたので擦れて出血していました。
でも、実際の時は臭そうな素振りは見られなかったので、それ以来、過剰に気にすることはありませんでした。

好きな人の匂い

次に付き合った人は、体臭がコンプレックスの人で最初は気づかなかったのですが、確かに密着すると独特の匂いがしました。
ですが、同じ悩みを持つ身としてすごく共感できたし好きな人の匂いですから嫌いになることは無く、むしろ服についた匂いを嗅ぐと安心するようになりました。
遠距離恋愛をしていたのでTシャツを借りて、匂いを嗅いでは寂しさを紛らわしていたのを覚えています。
彼氏は自分の匂いが嫌がれていないか心配していましたが、匂いは不快では無くむしろ好きだと私が言うと本当に喜んでくれていました。
それ以来、私は匂いフェチになりました。

今では旦那の匂いはあんまりですが自分の子どもの匂いは大好きで口臭も汗をかいた頭髪も無意味に嗅いでしまいます。