美容室でシャンプーをしてもらっている女性

夏場に汗が止まらない

女性・40代・160cm・50kg。
40歳になると夏場にいきなり汗が止まらなくなりました。
1日に最低3回の着替えとシャワーが日課でした。

体の汗臭さと洋服が汗くさくなるのはもちろんですが、特に気になったのが耳の後ろの臭いです。
汗と髪の毛が混じって蒸れた嫌な臭いがしました。
体が臭う時の酸っぱさに頭の油分が加わってちょっとカビっぽいような、地下室で作業してきた?と言いたくなるような臭いです。

自分が分かるということは当然、他人も気がついているはずです。
今まで生きてきて初めての事であり、自分ではどうにもならない状態になってしまい、人生が終わってしまうように思えました。
会社勤めをしているので通勤は気が重くて辛かったです。

においの原因

ネットで汗くさくなる原因を調べました。
今まで考えた事もなかった事を一生懸命調べる自分が情けないやら悲しいやら、とにかくいきなり老化という現実を思いしってしまった事がショックでした。

初めての経験で、何がどうして何処から臭いがするのかすら分かりませんでした。
休日はこまめにシャワーを浴びて汗を流し、仕事の時は汗をかいたら直ぐに拭き取る事と替えの肌着を持ち歩き制汗剤を使いましたが効果は無く、次はネットで調べて頭の臭いが原因らしいと分かりました。

ですが、どこをどのように洗ったら良いのかが分からず暫くは制汗剤と汗ふきシートで過ごしました。
その間はエレベーターに乗ることや、人とすれ違う時が恥ずかしくてたまりませんでした。
とにかく臭いに気付かれないように周りの人と距離を取っていました。

 

 

美容師さんから教わった、洗髪のコツ

そんな時に通っていた美容室で担当してくれている美容師さんからやんわり臭いを指摘され、洗髪のコツを教わりました。
この時は美容師さんに心から感謝しました。
怒りや恥ずかしさよりも一刻も早く良くなりたいという思いが勝っていました。
もちろん、洗いかたが分からなくて困ってます。って言い訳はしています。

教えてもらった通りに洗うと臭いづらくなりました。
初めのうちは頭の臭いがする部分を洗うと嫌な臭いがもわーっと匂ってきました。
自分はこんな臭いをさせていたんだってまた落ち込み…。
それでもちゃんと洗髪すれば臭いが無くなる事を信じてしっかり洗い続けました。

今はずっと匂い続ける事が無くなり汗をこまめに拭き取る事でなんとか臭いを防いでいます。
汗をかく部分に香水をつけると良い香りになるので外出する時は忘れずに香水をつけています。

 

 

身体からの汗のにおい

頭の臭いが無くなると体からの臭いも多少ある事に気がつきました。
体もなかなかの量の汗をかきます。

ですが頭の臭いを克服して少しハートが強くなりかなり冷静に分析しました。
頭と比べて体は少し酸っぱい臭いがします。
基本は汗をこまめに拭き取ることですが、汗自体が臭くなっているような気がするので食事にも気をつけるようになりました。

腸内細菌の整備など

体の酸化を抑えるべく腸内細菌を増やしてみようと飲酒の量を減らしたり、納豆や味噌などの発酵食品に酵素飲料を飲み始めました。
腸内環境を良くしてみようと思って、ヨーグルトにきな粉を入れて善玉菌を増やす工夫をしました。
野菜も色々な種類を沢山食べるようにしました。

この事で体のむくみがとれたり便秘が治ったりでデトックスができたように感じました。
初めての臭いから3年が経ちました。

一時期のように汗からじかに臭いがする(汗をかいたとたんに汗くさくなります)訳ではないので、香水をつけて、制汗剤と汗ふきシート、着替えの肌着があれば1日過ごせます。
プラスで薬用石鹸です体を洗うなど、体に付いた雑菌を洗い流すようにしています。

洋服のにおい

ある時、体は臭くないのに服が臭い事がありました。
汗を吸った洋服もそのうちに汗の臭いが染み付いてしまう事がわかって洗濯を丁寧に行っています。
日々の洗濯ではまずは水で下洗いをして、服が吸った汗を流してから洗剤を入れて洗濯をします。
たまには、漂白剤時は重曹を足した洗濯物します。
これで今は凌いでいます。