足を洗う

足の臭い

体の臭いって言いますと、自分の場合はやっぱり足の臭いということになりますか。
もちろん、男も五十を過ぎれば体のあちこちからプーンと、あまりいい気持ちのしない臭いを放つのも仕方なく。
これはいわゆる加齢臭ってものですね。
これは確かに気になる。
しかも自分でも充分に理解していることは、汗を人一倍かきやすい体質だってこと。
どうも体の臭いというものは、この汗となんらかの関係があるんだと思いますからね。

加齢臭にも気を使ってる

ですから、当然のことでございますが、加齢臭というものにも気を使ってる方なんです。
できるだけ汗をかかないように努力すること。
汗をかいたらできるだけ素早くシャワーを浴びること。
まあ、デオドラント類は若いときからまあり使わないので、極力、身近なもので済ましてる。
特に頭ですな。
この部分から零れ出る汗はひどいですから、洗髪は念入りに。
でも、あまり一生懸命に洗い過ぎて、ついつい禿げちゃった、なんてことがないように気をつけてます。

 

 

二十歳くらいまでは実感がなかった足の臭い

そうそう、問題の足の臭いですね。
もともと足の臭いはあったんです。
これは家系なんでしょうか。
自分の親も兄弟も、みんな足臭い。
だから子どものころは足の臭いの中で育ったようなものでして。
おそらくそういう環境が自分の、足の臭いをあまり気にしない性格につくりあげたんじゃないでしょうか。
そうなんです。
自分の足が臭いなんて、正直、二十歳くらいまでは実感がなかった。
でも、こればっかりは迷惑ですよね。
よその家にお邪魔したとき、靴を脱いだ瞬間に顔をしかめるような臭いがしたら。
想像しただけでもゾッとします。

友人の足の臭い

初めて足というものが独特の臭いを放つと知ったのは大学生の頃でした。
大教室で講義を受けていると、真後ろに座っていた友人がいきなり靴と靴下を脱ぎ出したんです。
季節は夏真っ盛り。
その足の臭いは辺り一面に広がった。
なんか酸っぱいような匂いがするんですね。
それが足独特の臭いなんだと、このときに気づきました。
仕方ないといえば仕方ないんです。
彼は勤労学生で、朝夕と新聞配達をして大学に通ってましたから。

自分も振りまいていた足の臭い

まあ、この時は何事も起こらなかったんですが、後日、家の中でテレビを見ているとき、あの酸っぱいような臭いがどこからともなく漂ってくるんですね。
もしや、と思って自分の靴下を脱いで臭いを嗅いでみると、やっぱりそこが臭いの出所だったんです。
もう、愕然と致しました。
ああ、自分もこんな臭いを振りまいて、これまで人と接していたのか、ってね。
落ち込みました、あの時は。
それからです。
自分の足の臭いに戦いを挑み始めたのは。

 

 

足の臭いの対策

でも、足の臭いに悩まれている方なら分かると思うんですが、これはなかなかとれないものなんですよね。
いくら石けんでゴシゴシ洗っても、臭いは完全には取れず、しばらくするとまた復活してしまう。
市販されていた石けんなどをいろいろ試したんですが、効果はなかったですね。
軽石で足の裏を執拗に擦ったりもしました。
でも、臭いはまた襲ってくるんです。

焦らず、毎日キレイに足を洗う

そうこうして何年か経ったとき、もう、気にするのを止めようと思ったんです。
だからと言って、なにも対策をとらなかったわけじゃない。
ただ焦るのを止めたんですね。
毎日キレイに足を洗うことに専念したんです。
外出先から戻れば必ず足を洗うこと。この
とき、がむしゃらに洗うんじゃなくて、あくまでも優しく労るように洗う。
そう、マッサージ感覚で洗うと効果があるかもしれませんね。
これを習慣付けるとなかなか気持ち良い。

だから今でも外から戻れば、まず足を洗う、これが習慣になってます。
それで、肝心の足の臭いはとれたのかい、なんていう質問が飛んできそうですね。
はっきり言って、臭いはいまだにあります。
でも、昔ほど人に迷惑になるようなものじゃない。
臭いが大きくなる前に頻繁に洗ってますから。